こどものアトピー・ぜんそくを治すために家庭でできること
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  アトピー と 少食
2008年06月09日 (月) | 編集 |
 アトピー が夜から朝にかけてサッとひいた時がありました。

 春のその日は朝から夕方まで親子で遊びに出かけていました。 自宅から目的地まで片道一時間半ぐらいのところにある公園で、激しい運動もせずのんびり過ごしました。 くもりがちで少し湿気を感じる天気でした。

 夕方に帰宅し、 ごはん 、 お風呂 をすませ こども は21時ごろ寝ました。 22~23時頃、 こども が突然目を覚まし布団の上で嘔吐してしまいました。 布団を取り替え、口をゆすがせたあと、寝かせました。 薬 は何も飲ませていません。 

 次の日の朝、こども の 体 の アトピー の部分がきれいになっていました。 赤味 が消え傷もほとんど目立たなく 皮膚 がつるっとしていました。  風邪 や 腹痛 の症状も全くなく普段どおり元気に過ごしました。 しかし夕方ぐらいになって、またいつもと同じように 赤味 と かゆみ が戻ってきていました。 

嘔吐 した理由は、「一日遊んで疲れた」プラス「夕食をたくさん食べた」ことかと思います。 アトピー がほんの半日でもきれいにひいたのは、 嘔吐 したせいではないかと私は思っています。 嘔吐 し胃が空になり内臓を休ませたことが アトピー にとって良かったと。

 「 断食 」「 少食 」で 内臓を休ませる ことが良いとよく聞きますが、 アレルギー体質 の人にとってもかなり重要なことだと思います。 育ち盛りの こども に 断食 をさせる訳にはいきませんが、「 食べ過ぎない 」「余計な栄養をとらない」ことは頭に入れておかなければと思いました。 
関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。