こどものアトピー・ぜんそくを治すために家庭でできること
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  ぜんそく と 天気
2008年06月04日 (水) | 編集 |
 「 天気 が悪いと体のあちこちが痛い」というのは年配の人やケガをしたことのある人だけだと思っていましたが、自分の こども が ぜんそく になってはじめて、 ぜんそく と 天気 ( 低気圧 )が大いに関係があると知りました。 

 雨の降る1~2日前になると必ずといっていいほど、 こども は体の調子が悪くなりました。 咳 が出たり少しだるそうにしたり寝つきが悪くなりました。 最初は 低気圧 のせいとは知らず、ただあわてて 小児科 へ行くだけでしたが、理由がわかってからは天気予報に気をつけるようになりました。 雨が降り出す前にできることがあります。 何もしないよりは良かったように思います。

1.首を冷やさない (たとえ30分でも1時間でも首を冷やさないようにタオルを巻く)
2.冷たいものをとらない 
3.体をあたためる
4.疲れないようにする

 雨がやんで晴れてくると、目に見えて ぜんそく もましになってきました。 体の強い こども ならなんともない天気の変わり目も、 ぜんそく の こども にとっては要注意です。 
関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。