こどものアトピー・ぜんそくを治すために家庭でできること
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  自家製 いかなごの釘煮 (くぎに)を食べる
2008年03月16日 (日) | 編集 |
 私の住んでいる地方では、2月の末になると いかなご漁 が解禁になりここにも春がやってきたと実感します。 解禁前になるとスーパーではさらめ、醤油、生姜、大きな鍋やタッパなどが陳列され、解禁日ともなるとお客さん(ほとんどが主婦)が長い列をつくりいかなごを買い求めます。 数年前などは、スーパーのかごに入りきれないほどのいかなごを買っていく人が何人もいたのに、去年と今年は値段が高いせいかそういう人をほどんどみかけません。 
 
 醤油とざらめと生姜で甘辛く炊いた いかなごの釘煮 は、ごはんと一緒に食べると本当においしいです。 あとはお茶があれば何も要りませんし3食これでもいいと思えます。 たくさん炊いて冷凍しておけば一年中食べられますが(自然解凍して食べる)、我が家ではたくさんあればあるほど食べてしまい結局は半年ぐらいでなくなってしまいます。 

 自分で作る佃煮は、自分好みの味にでき必要な量だけ作れ 添加物 の心配も無いので安心です。 今まで当たり前のように市販のものを買って食べていましたが、作ってみると意外と簡単で味がやわらかいのに気がつきます。 以前ぬか漬けに2度失敗しそれきりになっているのですが、また挑戦してみようと思っています。

関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。