こどものアトピー・ぜんそくを治すために家庭でできること
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  樋屋奇應丸 ( ひやきおうがん )ー 救急箱 にあると安心なもの
2008年03月18日 (火) | 編集 |
 樋屋奇応丸 ( ひやきおうがん )は こどもの夜泣き 、かんむし 、風邪 などの薬で、だいたい生後1ヶ月から14歳までが対象です。 樋屋奇應丸 には「 金粒 」パッケージと「 銀粒 」パッケージの2種類があり、手のひらぐらいの大きさの箱で、内容量にもよりますが こども の指一本分ぐらいの小さな容器にそれぞれ金色・銀色の小さな粒が入っています。 私自身が 赤ちゃん の頃、あまり寝ないほうで 樋屋奇應丸 を飲まされていたこともありこれを選びました。

 我が家では、 こども が 赤ちゃん の頃から 常備薬 として樋屋奇応丸( ひやきおうがん)を買っていました。 我が子はあまり昼寝をせず夜に何度も起きる 赤ちゃん でした。 また季節の変わり目や天候の変わり目などに体調を崩すこともありました。 平日の昼間なら 小児科 に行くこともできますが、休日や夜間はそういう訳にもいきません(熱をだす理由はいろいろあり安易に薬を飲ませることはできませんが)。 
 
 また実家に遊びに行く程度(もちろん疲れないように早めに切り上げる)でも翌日に熱を出すということが何度かあったので、それ以来出かける予定のある時は、数日前から 樋屋奇應丸 を飲ませることにしました。 

 金粒 より 銀粒 のほうが安いので最初は 銀粒 を買っていましたが、 金粒 の方が有効成分が多い、と説明書にあったのでこちらに替えました。 確かに 金粒 の方が良く効いたように思います。 粒の大きさは金・銀とも同じです。 

 今から思うとこどもが夜に何度も起きていたのは昼間の運動が少なかったせいもあると思います。 私が産後からあまり元気でなかったためですが、こどもが2歳になる頃、私の体調も戻り、昼間よく外で遊ばせるようになると、夜起こされることがなくなました。 




関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。