こどものアトピー・ぜんそくを治すために家庭でできること
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 15分だけ寝る
2008年03月07日 (金) | 編集 |
 体内時計 のリズムを崩さないためには、夜、何時に寝ようと毎朝同じ時刻に起きることが必要だそうです。 それで睡眠が足りなければ少し寝る(昼寝)と良いとか。

 こども が 病気 で私が十分に眠れなかったときは、お昼でも夕方でも15分だけ横になって寝ました。 お布団に入ると起きられなくなるのでソファやホットカーペットの上などでした。

 夜、あまり寝ていないからといって朝寝はできないし、今夜も早く寝ることができない、という時は、こうするとかなりすっきりします。 たった15分でも深く眠っているようで目覚めが良く、1時間眠ったときより頭がすっきりし夜まで元気に起きていられます。 寝すぎないようにアラームをセットしておくと安心です。 睡眠不足 を一度に解消するのは無理なのでこまめに寝ていました。

 
 
関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。