こどものアトピー・ぜんそくを治すために家庭でできること
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  霧吹き を持参する
2008年02月19日 (火) | 編集 |
 旅行先の旅館で部屋が 乾燥 していてこどもが 咳 が出ないか、不安になったことがあります。 加湿器 を借りればいいのですが、実際に借りたことはありません。 

 昔、私が1人でホテルに泊まるときは、浴槽にできるだけ多くお湯をためバスルームの扉を全開にして寝ていました。 しかし現在家族で行くのは 旅館 が多く、お風呂と和室が離れていてそういう手も使えません。 なので2~3枚のタオルを水が滴らない程度に絞りハンガーにかけて部屋の中に吊るしています。 見た目は悪いですが、朝になるとタオルはほとんど完全に乾いています。 が、それでも何となくまだ部屋が 乾燥 しているように感じる時もあります。 こんな時は 霧吹き で(荷物になりますが)、空気中にシュッシュッと霧を吹いておきます。 ぜんそく の人にとって空気の乾燥は大敵です。



            
関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。