こどものアトピー・ぜんそくを治すために家庭でできること
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  お米料理 ベターホーム
2008年02月01日 (金) | 編集 |
 「お米料理」(ベターホーム)は、先に買った「 お料理一年生 」(ベターホーム)が、とても使い勝手が良かったので続けて買った本のうちのひとつです。

 この本は、「お米の知識」・白いごはん・麦めし・玄米ごはん・二穀(きび・あわ)ごはんの炊き方から始まり、「炊き込みごはん(26種類)」、「ピラフ(16種類)」、「すし(24種類)」、「おこわ(11種類)」、「混ぜごはん(26種類)」、「チャーハン(15種類)」、「どんぶりもの(26種類)」、「おかゆ(8種類)」、「ドリア(3種類)」、リゾット(4種類)」、「ぞうすい(4種類)」、「お茶漬け(8種類)」、「おにぎり(5種類)」、「米料理アラカルト(12種類)」が、のっています。

 ごはんものは、汁物を加えるとそれだけで立派な献立になるのでとても有難い存在です。
かやくごはん、ちらしずし、五目チャーハン、カレーライス、牛丼など普段のごはんものから祭りずし、中華ちまき、スタッフドチキン、赤飯、鯛めし、パエリヤまでこの本があれば献立に困ることはありません。 

 ベターホーム の本はこれに限らず派手さはなく地味ですが、レシピにハズレがなく頼りになります。 いろいろな料理本を持っていても結局いつも使うのは ベターホーム の本です。 いつまでも使える本だと思います。

 

 ベターホームのお米料理 (実用料理シリーズ)


関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。