こどものアトピー・ぜんそくを治すために家庭でできること
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  掃除機 のかけかた
2008年01月18日 (金) | 編集 |
 こども が ぜんそく で 入院 していたとき、毎日お掃除の方が廊下のすみにある差込口に長いホースをつなぎ 掃除機 をかけていました。 掃除機 本体がなく排気はホースから廊下の差込口を通り、屋外(屋内)の本体に排出されているようです(セントラルクリーナーというそうです)。 これなら排気が全く室内に入らず掃除ができるので、ウチにもこんなのがあればと思いました。

 ぜんそく ・ アトピー ・花粉症 やその他の アレルギー の人にとっては 掃除機 の排気は大きな問題です。
掃除機 をかけて舞い上がった ハウスダスト は8~10時間ぐらいかけて床に落ちてくるそうです。

 ウチの 掃除機 は紙パック式の普通の 掃除機 で、本体を屋外に出すにはホースが短く無理なので、 掃除機 をかける時は、少しでも排気が部屋にこもらないように 掃除機 の排気口部分を開けた窓に向けていました。 

 干した 布団 を取り入れたら両面に 掃除機 をかけます。 家族の 布団 全てに 掃除機 をかけるのは疲れますが、 畳 や カーペット 同様、 掃除機 のヘッド部分をゆっくりずらしてかけます。 

 以前NHKの「 ためしてガッテン 」の中で、 掃除機 は毎日適当にかけるよりも、週一度でもしっかりていねいにかけた方が効果的だと放送されていました。 

 【 関連記事 】
           ・ ぜんそく 発作 をおこさないために
           ・ アトピー の かゆみ と お風呂 と 原因 1          
           ・ 空気清浄機 をつける


 
関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。