こどものアトピー・ぜんそくを治すために家庭でできること
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 水うがいで風邪4割減 乾燥大敵 鼻から呼吸を
2008年11月28日 (金) | 編集 |
 水うがいで風邪4割減ー読売オンライン 2008年11月26日

 読売オンラインの健康プラスというコーナーで「のどを守る」というコラムがありました。 うがい薬を使わず水だけのうがいでも風邪予防には効果的だとする研究結果が出たそうです。 

 ■読売オンライン 「のどを守る」 ①水うがいで風邪4割減 の記事

 ■読売オンライン 「のどを守る」 ②乾燥大敵 鼻から呼吸を の記事
 
 毎年冬になるとこどもがよく風邪をひいて小児科にかけこんでいました。 風邪をひいていない時は、風邪をひくのではないかと内心ビクビクし、ひいたらひいたでまた風邪をひかせてしまったと落ち込むことの繰り返しでした。 

 こどもが「風邪からひどい中耳炎をおこし入院」・「風邪から喘息になり入院」したことがあり、私自身かなり風邪に対して神経質になっていました。 

 有難いことに、最近こどもは風邪をほとんどひかなくなりました。 ひいても鼻をグスグスさせたりちょっと咳がでる程度で、小児科にいくほどではありません。 体育の授業もまだ半袖のシャツで受けています。 本当にずいぶん体が強くなったと思います。  

 いろいろやってみて最低限これだけは、と思う風邪対策はこれです。

  ・ 部屋の加湿 (特に寝室)
  ・ 首を冷やさない (寝るときはタオルを首に巻く、外出する時はマフラーをする)
  ・ 手洗いとうがいをまめにする (うがいができない時は温かい日本茶を飲む)

 どれも当たり前のことですが、その当たり前のことが徹底できていませんでした。  しかしこの3つを必ず守るようになってから、目に見えてこどもは風邪をひくことが少なくなりました。 

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。