こどものアトピー・ぜんそくを治すために家庭でできること
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 手間のかからない玄米の食べ方
2008年11月26日 (水) | 編集 |
 毎食、白米に玄米を混ぜて食べています。 玄米だけだと重いので、「白米3合+玄米0.5合」にしています。

 白米3合と玄米0.5合を同じボールに入れて研ぎます。 炊飯器の内釜に研いだ白米と玄米を入れ、白米用の目盛りで(この場合は3.5合で)水加減し、塩を2つまみほど入れます。 そのあとしばらく吸水させ(家事の都合で1時間だったり3時間だったりマチマチです)、白米モードで炊飯器のスイッチをいれます。

 この方法だと玄米だけを前日に吸水させる手間もなく、炊飯する時間は白米だけの時と変わりません(玄米モードでは時間がかかります)。 我が家の炊飯器は、スーパーのセールで買った安い圧力IH炊飯ジャーですが、これでもおいしく炊けています。 

 玄米によって固さや匂いがいろいろなので、自分好みのものを見つけるまで面倒かもしれません。 我が家も3種類ほど食べてみて好みの味の玄米が見つかりました。 ですので初めは少量のものから試されるほうが良いと思います。
関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。