こどものアトピー・ぜんそくを治すために家庭でできること
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 日本列島改造豆腐ー男前豆腐店
2008年11月07日 (金) | 編集 |
 いつも買っていた絹こし豆腐の味が、落ちたような気がしました。 私の勘違いかもしれませんが、前はもっと味が濃かったように思います。 水にさらしてもボロボロと崩れてしまうので、それ以来その商品を買わなくなりました。

 ちょうどその頃、売り場に置かれはじめたのがこのお豆腐でした。 パッケージの色と形がとても目立ち、ちょっと買うのを迷いましたが値段も100円と安く「男前豆腐」はおいしいと聞いていたので買ってみました。

 食べてみると味が濃くておいしいです。 お皿に移すと半球型でかわいらしく、そんなに大きくないのでこどもでも食べきれるサイズです。 3個パックでひとつひとつ切り離せます。 短所は、開ける時にフィルムが少しはがしにくいことと、お豆腐をお皿に移す時になかなかきれいに出せないことです。 

 
 男前豆腐店のHPはこちら
 
 男前豆腐



スポンサーサイト

 ピュアホワイトを食べる
2008年09月12日 (金) | 編集 |
 私がいつも欠かさず見ているブログ「DECOさんちのばんごはん」で紹介されていたとうもろこし「ピュアホワイト」。 ブログの画像を見ると名前どおり白くきれいなとうもろこしでした。 見るからにおいしそうなとうもろこしでした。

 「ピュアホワイト」は北海道のとうもろこしでとても甘く生でも食べられるそうです。 それだけに熊の被害にもあいやすく、他の品種に比べてデリケートで手間もかかるため栽培農家も少なく市場に大量に出回ることが難しいそうです。 最近テレビでも紹介されていたせいか、近所のスーパーで売られていました。 1本160円でした。

 「DECOさんちのばんごはん」で紹介されていた方法で茹でて食べてみると、びっくりするほど甘かったです。 「フルーツコーン」「糖度はメロン並」「お菓子みたいな甘さ」というのはこういうことかと思いました。 茹でただけの「ピュアホワイト」は粒がサクサクでかぶりつくと粒がきれいにとれます。 こどもでも1本ペロリと食べられます。  こどもは「今度はポタージュにして」と言いますが、せっかくの粒をなくしてしまうのがもったいなくてなかなかふみきれません。

 ピュアホワイトをヤフーショッピングで見てみる


 ■関連記事
 ・ 越冬大根
 ・ 卵 ・ 牛乳 ・ 砂糖 なしの レシピ 1 ~混ぜるだけ手間なしデザート~
 ・ はくばく 丸粒 麦茶

 



 ポラン広場 胚芽米
2008年08月16日 (土) | 編集 |
ポラン広場 胚芽米

胚芽米

 いつもは玄米を食べていますが、ここのところの暑さのせいで、玄米を食べるのがかなり億劫になってきました。 麺類や軽めの食事が多くなると、どうしても玄米は重く感じてしまいます。 残っている玄米を食べきってから、この「ポラン広場の胚芽米」を買ってみました。

 胚芽米とは玄米からぬかを取り除いたもので、米粒に白い部分(→胚芽)がありますが、炊き方や食感は白米と変わりません。 我が家でも家族の誰も「白米でない」と気がつきませんでした。 栄養面では玄米と白米の中間で、玄米よりは消化がよいそうです。 

 白米と同じように炊けて味も白米と変わらないというのは、やはりうれしい。 こんなふうに胚芽米や白米や玄米をその時の気分や体調にあわせてのんびり食べていこうと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。