こどものアトピー・ぜんそくを治すために家庭でできること
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  小児はり をうける
2008年02月06日 (水) | 編集 |
 体調を整えるため、 小児はり を受けに行っていました。 はり と言っても大人用と違い こども は10円玉ぐらいの小さな金属で全身をさすります。 頭から足の先まで軽くトントンしたりさすったりだけなので全く痛くありません。 こども によると、くすぐったく気持ち良いそうです。 終わると体全体の血色が良くなっています。 私のこどもが通っていたところは、時間は約10分、料金は1,050円、3~4週間に1度行ってました。 

 いつもは こども の体調が良いときに通っていたのですが、ある時、 鍼灸院 に行く途中に急に 咳 がでてきました。 はり をはじめようとしても 咳 が止まらないので先生が「今から 咳 をとめる はり をします」とおっしゃってはりをはじめると 咳 が止まりました。 はり で 咳 が止まるのかとびっくりしました。

 良い 鍼灸院 をどうやって見つけるかですが、あまり派手に宣伝していない(←もう十分にお客さんがついているのでその必要がない)、年配の人に聞いてみる、運動部の学生や元運動部にいた人などに聞いてみるのも良い方法だと思います。 私の こども が通っていたところでは、年配の人よりも運動部に所属しているらしい学生さんの方が多く来ていました。 まず電話などで 小児はり をしているかどうか確かめて下さい。

 はり をするというと「腰痛」「年配の人」というようなイメージがあるかもしれませんが、それだけではなく体の調子を整える働きがあります。 また効き目がゆっくりおだやかです。 私も赤ちゃんの頃、疳の虫(よく眠らない、 夜泣き 、 ぐずり )があったので近所の 鍼灸院 で 小児はり をしていたそうです。 はり をした日は本当にスヤスヤと眠っていたそうです。 ( はり をしない日は 樋屋奇応丸 ( ひやきおうがん )を飲んでいました。) 


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。